カラコンのお手入れ方法

使い捨てでないカラコンの場合、毎日必ず手入れをする必要があります。正しいお手入れができていないと、目にトラブルが起きる可能性があります。基本的には通常のコンタクトレンズと同じなので、難しい手順はないので覚えてしまいましょう。

カラコンのお手入れをするために必要なのは、レンズケースと洗浄液、保存液です。洗浄液の中でも過酸化水素系の物など一部の商品は洗浄力が強く、カラコンの着色を落としてしまう可能性があるため注意が必要です。最近では1本で洗浄液と保存液を兼ねられる商品もあります。

お手入れ前の準備として、まず手やレンズケースの手入れをしましょう。手はできれいに洗い、伸びた爪は切りましょう。長い爪やネイルストーンの着いた手でレンズを扱うと傷や割れの原因となり、雑菌が付着することもあります。レンズケースはよく水洗いし、十分に乾燥させて常に清潔に保ちましょう。

カラコンを外したら手のひらに載せ、洗浄液をかけて優しく指でこすり洗いをします。裏表両面をきちんと洗いましょう。ソフトレンズは裏返ってしまうこともあるので、裏表を反対にしたままにならないように注意してください。こすり洗いできたら洗浄液で十分にすすぎ、汚れを落とします。レンズケースに保存液を入れ、その中にレンズを沈めたら保存液の指示する時間つけおき消毒をします。装着する前には毎回着色が剥がれていないか確認しましょう。